長崎県
長崎県立学校ホームページ Nagasaki Prefectural Schools

令和3年度 薬物乱用防止教室

2021年12月16日更新

12月15日(水)に大村警察署 スクールサポーター 田中克喜先生をお迎えして、薬物乱用防止教室を実施しました。

主な内容は以下の通りです。

1 薬物乱用の恐怖 

2 全国・県内での検挙状況

3 各国の薬物の現状と日本

4 薬物への誘い

5 違法な薬物に手を出さないために

 1の薬物乱用の恐怖の中で「高校生の時から薬物を使用して・・・」という動画を視聴しました。

 同年代の若者が薬物に手を染めていく姿に、生徒たちは薬物の恐ろしさを感じ取ったようです。

また、薬物関連の検挙状況の説明では、県内の高校生が逮捕された事案を知り、驚いた生徒も少なくありませんでした。

薬物の標本を実際に見る場面では、生徒たちは興味深く見入っていました。 

最後に3年栗島君が、本教室へのお礼と、田中先生が作成されているスクールサポーター通信への感謝を述べました。

 【生徒の感想より】

・薬物乱用を軽い気持ちでやってしまっては、人生が壊れてしまうことがあるということがよくわかりました。

・自分たちの近くに常に薬物があるということを考えながら、日常生活を送りたいと思います。

・標本を持ってきてくれてともてわかりやすかったです。

・再現ドラマにあった「細かい状況は違っても、(薬物を乱用、依存していく)過程はだいたい一緒」というような言葉が印象に残りました。

・自分の身は自分で守り、これからの人生を歩んでいこうと思います。

  

 

学校の連絡先

先頭に戻る

学校紹介

特定利用者向け

その他