長崎県
長崎県立学校ホームページ Nagasaki Prefectural Schools

行事・その他

2019年10月17日更新

 赤ちゃん抱っこ体験

10月10日(木)、6組の親子にご来校いただき、「赤ちゃん抱っこ体験」を行いました。

生命の尊さ、乳幼児の特徴などについて理解を深め、自分の成長を振り返ることができました。

体験の後は、助産師中村まり子先生による講話を聞き、「生きるために大切なこと」を学びました。

 

生徒の感想

<赤ちゃん抱っこ>

赤ちゃんから元気をもらいました。フワフワしていて赤ちゃん特有のいい匂いがしました。

自分の親にも自分が産まれたときの話を聞いてみようと思いました。

何回も泣かれて落ちこんでいたら、赤ちゃんが目を見て笑ってくれたので嬉しかったです。

 

<講話>

性に対する考えがかなり変わった。いやなことはNOといえるように強い心を持ちたい。

学校の先生方が教えてくれない部分までしっかり聞くことができて大変勉強になりました。

自分の自己決定もいるけど、相手の自己決定も聞くようにしようと思いました。

 

 

出張ふるさと体験

東京の人や観光客に南島原市を知ってもらい興味を持ってもらうために、東京でPRをします。

10月10日(木)5校時目は、ふるさとに関わる専門家にお越しいただき、お話を伺いました。

<観光PR班>

ザ・マーキーズ ホテル&ウエディング 常務取締役 

夢ココプロジェクト 代表 石川于津子 様

やっちゃよかマップを作製した経緯や、ご自身の体験から南島原の魅力についてご講演いただきました。

キャリア研修旅行の出張ふるさと体験で、やっちゃよかマップを配り、南島原の魅力を東京の人々に伝えてきたいと思います。

<そうめん班>

南島原市企画振興部 商工観光課 そうめん振興班

参事 永川 賢一 様

南島原市のそうめんに携わる方々のご苦労や、手延べそうめんの魅力をとても丁寧に教えていただきました。

東京での活動にも、さまざまな協力をしていただけるとのことで、感謝いたします。

 

 

マリンスポーツ研修

9月24日(火)、10月1日(火)に加津佐の前原海水浴場でマリンスポーツ研修を実施しました。

参加者はスポーツ1授業選択者9名です。

南島原市教育委員会スポーツ振興課の方々にご指導いただき、主にSUPの体験をしました。

2日とも晴天に恵まれ充実した研修を行うことができました。

はじめは、うまくバランスがとれず苦戦している生徒もいましたが徐々に上達し、笑顔でSUPを楽しんでいました。

生徒達は泳ぐこと以外にも海の楽しさを学んだと喜んでいました。

e-ネット安心講座

9月19日(木)3校時 本校「産業社会と人間」室にて

(株)ひまわりてれび 常務取締役 宮崎 和久 氏 をお招きし、「e-ネット安心講座」を開催しました。

インターネットの安全利用に関する基礎知識を学ぶ良い機会となりました。

 

 翔南祭「体育祭」

ご声援ありがとうございました。

 

ALT着任式

 8月9日(金)ALTの着任式を行いました。

ジャマイカ出身の先生で、母国の大学では国際関係の勉強をされていました。

「日本とジャマイカの懸け橋になりたい」という夢を抱いて本校にいらっしゃいました。

 

 

 

インターナショナルデイ

日 時 7月12日(金)

場 所 島原翔南高校産社室、パソコン室

内 容 各学年2、3人程度の班に分かれ、それぞれの班にALTの先生がつき

    グループでゲームやコミュニケーション活動を行いました。

 

 

 

つなぐ化事業(出前授業)の開催

日 時 7月18日(木) 

場 所 本校体育館・グラウンド

講    師     宅島建設・扇精光・島原振興局

内    容    

島原振興局と宅島建設様から口之津港改修工事の概要や工事の説明をいただきました。

現在の建設業界は、生産性の向上、働き方改革、資格取得の優位性、女性活躍の推進 

に取り組むことにより、安心安全な職場として社会に貢献をされていることをお聞きしました。

次に扇精光様より情報通信技術(ドローン)による3次元での測量、施工、設計、検査などの先端技術の紹介があり、 

終了後、全員グラウンドに移動してドローンによる写真撮影を行いました。

最後に、生徒を代表し、2年の多良花がお礼の言葉を述べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

薬物乱用防止教室の開催

日 時 6月27日(木) 

場 所 本校産社室

講    師     有家・西有家ライオンズクラブ 嶋田 惣二郎 氏

内    容     薬物乱用の危険性を熟知している専門家の協力を得て、薬物に対する正しい知識や乱用の恐ろしさと、生涯薬物に関わらない生き方を学びました。

 

 

 

 

 

 

 

交通講話

日 時 6月20日(木) 

場 所 本校産社室

講    師     南島原警察署 交通課長様

内    容  自転車について

    ・自転車を運転する際に注意すべきこと

    ・自転車を運転するものが果たすべき責任

        自動車乗車時のシートベルト着用の重要性

    ・シートベルト着用時と非着用時でのけがの大きさの違い

    ・着用していないことで、他人を負傷させることもあるということ

 上記の内容でビデオ上映を中心に、お話をいただき、最後に、交通事故を起こさないために、十分気を付けて生活してほしいとお話がありました。

 講話終了後、本校生徒にたすき型の反射材を贈呈いただき、代表して生活委員会副委員長が受け取りました。

 その後、生徒を代表して、3年1組梶原菜美子が生徒を代表してお礼の言葉を述べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車・バイク通学生指導および交通安全宣誓

日 時 令和元年5月7日(火)

場 所 島原翔南高校グラウンド

南島原警察署交通課係長より、交通指導講話ならび車両点検を生徒・職員に指導いただきました。

  

  

歓迎遠足時におけるふるさとクリーンアップボランティア

日 時 平成31年4月26日(金)

場 所 遠足の復路( マリンパークありえ → 島原翔南高校 3コース )

生徒数 男子53人 女子42人 計95人

回収したゴミの種類と量

  燃えるゴミ   6袋

  空き缶     2袋

  不燃ゴミ    1袋

  空き瓶   0.5袋 

環境美化委員長 3年楠田ひかりさん

「一見ゴミの無い道でも、溝や草むらなどに空き缶やペットボトルが散乱していた。

私達の手で故郷をきれいにしていきたい。」

 令和元年5月4日 長崎新聞記事

 

 

 

 

学校の連絡先

  • 島原翔南高等学校
  • 住所:〒859-2212 南島原市西有家町須川810
  • 電話:0957-82-2216(事), 82-2285(職)
  • ファクシミリ:82-2216(事), 82-2285(職)
先頭に戻る

メニュー