長崎県
長崎県立学校ホームページ Nagasaki Prefectural Schools

平成30年度学校行事

2018年9月4日更新

進路講演会

 8月29日(水)、講師に村上昌平先生(ライセンスアカデミー福岡支社長)を迎えて夏季休業明けの進路講話を行いました。冒頭に頭の体操クイズと映像を紹介した上で、物事を一方的な見方に固執するのではなく柔軟に多方面から考えることを紹介されました。先生は、講話の中で

(1) 希望する進路は突然変わることもあり、選択肢の幅を大きくするために、授業を中心とした勉強を大切にする。
(2) 進路が未定の人は、分からないから考えないのではなく、職種を検索して調べることから始めると自分の適性が見えてくる。
(3) 考える力・創造する力・発信する力を身につけることが大切である。

などを話されました。 生徒たちは、大阪弁でユーモアを交えた話にメモを取りながら聞き入っていました。最後に生徒会長の村吉さんがお礼の挨拶で「今日の講話では、物事をいろんな角度から見ることの大切さ、社長さんが求めている人材像について教えていただきました。学んだことを生かして、これから進路実現に向けて頑張っていきます」と述べていました。

生徒総会

 6月27日(水)生徒総会を行いました。各クラスで事前に話し合った意見を中心に審議しました。また、生徒会活動の昨年度の経過報告や今年度の活動予定、生徒会活動方針を確認し、さらなる発展を予感させる内容でした。


 

 


いじめ根絶集会

 5月23日(水)に「いじめ根絶集会」を行いました。スクールカウンセラーの中野明人先生に、「かぎりあるもの いのちについて」というテーマで講話をいただきました。先生のご経験や深刻な事件を例とした、命の大切さやいじめの実態、いじめの捉え方についてのお話は、心を揺さぶられるような貴重な内容でした。生徒や教職員は、命の大切さやいじめをなくすための行動について、これまでの体験を振り返りながら、改めて深く考えるよい機会となりました。
 また、講話の後には、生徒会が「いじめ根絶宣言」を発表しました。「私たちは、自分を正当化しません」という宣言の中に込められた想いを胸に、「いじめゼロ」の実現に向けて、日々の生活の中で、ひとりひとりができることを実行してくれるものと確信しました。

 

  平成30年度PTA総会

 5月15日(火)に進路セミナーとPTA総会を行いました。進路セミナーでは講師の古川さやか先生より、「進学に必要な費用について」という題で、「生徒にはしっかりと目的意識を持って学校を選ばせること」「奨学金を借りる際には学費だけでなく生活費も考慮する必要があること」など、有意義なお話をいただきました。
 PTA総会では、H30活動計画について承認していただきました。また、今回は審議事項として、学習環境の改善と健康保持を目的とした普通教室への空調機器設置に向けた検討が行われるなど充実したものとなりました。新PTA会長として長島様が選出されました。新役員を中心に佐世保中央高校夜間部PTAがさらに発展しくために、ご協力をお願いします。

  
 

学校の連絡先

先頭に戻る

メニュー