長崎県
長崎県立学校ホームページ Nagasaki Prefectural Schools

学部紹介

2019年10月9日更新

小学部・中学部

小・中学部では児童生徒一人一人の個性や能力に合わせて、より手厚くきめ細かな教育を行っています。病気が回復したら、居住地の小学校・中学校へ戻ることができます。

学習発表会 近隣学校との交流学習
職場体験学習 校外学習

 

小学部目標

  1. 学習課題に向かう姿勢を育て、基礎的・基本的な学習の定着を図る。
  2. 自己の心身の状態を理解し、自ら健康を管理する意識を育てる。
  3. 周囲の人と関わる機会を通して、豊かな心情と対人関係の基礎を築く。
  4. 体験的活動を通して興味関心の幅を広げ、様々なことに取り込もうとする基礎を育てる。
  5. 基本的な生活習慣を身に付け、自分のことは自分でしょうとする態度を養う。

中学部目標

  1. 個の特性に応じた学習方法や学習課題を設定し、基礎的・基本的な学習の定着を図る。
  2. 自己の心身の状態を理解し、自ら健康を管理する力を育てる。
  3. 集団での活動を通して自己を理解し、他者からの働きかけを受け入れることのできる、柔軟な心と社会性を育てる。
  4. 体験的活動を通して経験の幅を広げ、学んだことを生かして問題を解決しようとする力を育てる。
  5. 基本的生活習慣を身に付け、生活の中で活用することのできる実践力を育てる。

高等部

高等部では、「学校生活から社会生活へ」スムーズな移行ができることを目標に、個々の適性・能力に応じた教育を行っています。

文化祭 インターンシップ
校外学習 自立活動発表会

高等部目標

  1. 基礎学力の向上に努めるとともに、意欲的に自らの可能性に挑戦し、主体的に学習する生徒を育成する。
  2. 病気や障害の状態に応じ、積極的に健康の維持・改善に努力し、希望を持ってたくましく生きぬく生徒を育成する。
  3. 他人に対して思いやりのある心豊かな生徒を育てるとともに、人間尊重の精神を涵養する。
  4. 社会的自立に向け、自らの適性・能力に応じた進路を選択し、社会を構成する一員としての自覚と責任感を培う。
  5. 学校生活において、自己肯定感や自信を高める実践活動を行い、生き生きと社会に適応していく生徒を育成する。

 

高等部訪問教育目標

  1. 健康を維持・改善し、落ち着いて過ごすことができる心と体を育む。
  2. 一人一人の実態やニーズに合わせた学習課題に、意欲的に取り組もうとする態度を育てる。
  3. 家庭や病院、施設等との連携を密にし、円滑な教育活動を行う。

学校の連絡先

  • 桜が丘特別支援学校
  • 住所:〒859-3615 東彼杵郡川棚町下組郷386-2
  • 電話:0956-82-3630
  • ファクシミリ:82-4400
先頭に戻る

学校紹介

特定利用者向け

その他