長崎県
長崎県立学校ホームページ Nagasaki Prefectural Schools

7月16日(木)に災害支援ボランティアと地域清掃を行いました

2020年7月17日更新

 7月16日(木)の13時から約2時間、1年生~4年生の生徒21名と、教職員8名の計29名が、

7月6日からの記録的な大雨で被害を受けた大村市中岳町の民家で、支援のボランティア活動に

取り組みました。

   

 

 

 

 

 民家は、家の中や周辺に大量の土砂が流入していて、生徒はそれらの除去や家財道具の運び

出しを、泥だらけになりながら熱心に行いました。

 4年生の中村さんは、長崎新聞社の取材に対し、「想像以上の被害。水を含んだ泥は重くて大変

だったが、早く日常を取り戻してほしいとの思いで活動した」と話していました。その他の生徒たちも、

テレビ局や大村市の広報の取材に対し、しっかりした言葉で被災された方たちへの思いを述べてお

りました。

 予想以上の生徒がボランティアに参加し、真剣な面ざしできびきびと活動する様子を見て、私たち

教職員の胸には、熱いものがこみ上げてきました。

 ボランティアに参加しなかった生徒たちは、同日の夕方、約1時間かけて学校周辺のゴミ拾いを行

いました。

 

 

 

 

 

 近隣の方々が普段からきれいになさっているとは言え、45Lのポリ袋数袋分のゴミが集まりました。

中には、災害支援ボランティアと地域清掃の両方に参加する生徒もいて、大変有意義な1日になりま

した。(※災害支援ボランティアの内容は、長崎新聞の記事を参考にいたしました)

学校の連絡先

先頭に戻る

学校紹介

特定利用者向け

その他